【今の症状、エストロゲンが足りないと思ってませんか?】

 

 

更年期症状の原因は簡単にいうと

◉脳からの指令がうまく届いていない
◉卵巣の機能が低下している
◉バランスが悪い

 

どうしてそうなるのか?はたくさんの
理由がありますが、身体的にはこれ。

ba665c7feeae387d5ba8a3438e5d9802_s.jpg

 

今日は

◉バランスが悪いについて

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

エストロゲンプロゲステロン
美女ホルモンとブスホルモンなんて
言われたりもする拮抗するホルモン

 

バランスが悪いって
エストロゲンが不足していると
思っていませんか?

 

 

女性ホルモンが足りないから!とかで
大豆イソフラボンばかり摂ってしまったり、
安易にエストロゲンを増やしすぎていませんか?

 

ホルモンはバランスが全て。
エストロゲン過多になり
逆に老化が加速したりします。

 

7479237d759bfde66d00eddb7f6cea44_s.jpg

エストロゲン過多だと
どのような症状がでるのか?

 

【エストロゲンが多すぎる症状】

・疲労感

・イライラ

・甲状腺炎

・乳癌

・乳房の痛み

・乳腺繊維腫

・子宮内膜癌

・子宮筋腫

・子宮癌

・PMS

・多嚢胞性卵巣

・過多月経

・生理不順

・脂肪の増加

・冷え性

・浮腫

・精神過敏

・不眠

・物忘れ

・不安感

・骨の質の低下

・性欲の減退

 

 

更年期症状そっくりです。

 

日本にはエストロゲン神話
みたいなものがあるので
にわかには信じられないかも
しれませんね。

 

私も最初は信じられず
エストロゲン信者でした。

 

さらに詳しくは遅くなってしまったので
次回にさせていただきます♡

【オトナ美女をつくる為に学びました!】

 

 

さて、私が新たに取得した技術「クラニアル」

 

クラニアルセラピーは頭蓋骨23個の位置を
調整することで

 

◉脳神経のバランスを整え
神経の栄養素である

◉脳脊髄液の循環を高める
ことができる技術。

 

このテクニックを取得したかった
一番の理由は今の技術と組み合わせる事で

よりホルモンを整えられる
考えたからなんです。

 

ホルモンバランスが良い=美女♡

個人の考えですww

f0180ca854e3cb2b96547bead2de15c9_s.jpg

 

20代、30代は見た目の
残念なところも
ホルモンや
元気がカバーしてくれて

が見えづらい

 

のですが40代半ばをこえてくると

 

もう・・

もう・・

 

ばかり!

 

30代の自分と比べるので
自分が一番気になるんです。粗。

 

 

ちなみに脳脊髄液の流れが悪くなると

・頭痛
・視力低下
・免疫力低下
・ホルモンの乱れ
・不眠
・低体温
・動悸
・耳鳴り

 

・・自律神経失調症状です。

 

だるい
やる気が出ない
肌にハリやツヤがない
イライラする
たるみが気になる

 

・・聞き飽きましたね

woman-1447067_640.jpg

・・・・・・・・・・

 

 

そして、この脳脊髄液は何からできているか?

 

血液!!

 

ここでメルマガの最初の頃の
の大切さにつながります♪

 

 

【疲労に栄養ドリンクが無意味?】

 

sport-1043190_640.jpg

 

「今日は仕事がハードで疲れたな」とか

「動き過ぎて体がだるい」とか・・

 

その疲れ、体の疲れでは無いそうです。
じゃ、なんの疲れ?

 

だるさ
肩が凝る
めまいがする
眠気
眼精疲労
頭痛

 

こんなお疲れ症状は体を使ったから
だと思うのですが?

・・・・・・・・・・・・・・・

脳!

 

これらの疲れ症状は自律神経(脳)の
仕業なんです。

(乳酸も疲れ物質ではなかった!)

 

脳の疲れ・・

 

疲れは体ではなく脳でおきる!

 

体を限界まで使うアスリートは
この事をわかっていて訓練する
らしいです。

 

自律神経は体をいつもの状態に
保とうとするのですが、暑かったり
寒かったり、同じ体勢だったりすると
自律神経が快適な状態に戻そう戻そうと
頑張ってしまって疲弊し体をだるくさせたり、
眠気をさそったりします。

 

 

体がだるいから栄養ドリンク飲んで
明日もがんばろ!

 

 

って、この栄養ドリンク50年以上販売され
続けているらしいですが、臨床試験で
疲労回復が実証されているものは無いそうです。

 

 

タウリンは疲労対策に効果があるという
科学的論文は無い!

 

 

カフェインは眠気を抑えるだけ。

 

自律神経ケアにならないものは
疲労回復効果はないと!

 

 

うなぎ

長風呂

甘いもの

・・・・

回復できません。

 

え〜

 

脳疲労を取る唯一の方法は

睡眠!

moon-1274014_640.png

 

※最重要事項※

なんの疲労でも
疲労はオトナ女性を
老けて見せます!!

 

早く寝ることにしますzzz

【カッコいい大人の姿勢とフェイスライン】

 

fb57260f3aecc732e8324f12dcd7723c_s.jpg

やはり姿勢が良いと美しいです

 

キリッとした美を保つ為の
カルシウム。

 

特に必要な栄養は

・コラーゲンとカルシウム
・ビタミンDやビタミンK2

 

 

基本的にタンパク質・
ビタミン・ミネラル
バランスよく摂取することは
必須です。

 

 

日本ではビタミンDサプリメントは
あまり身近ではないかもしれませんが

以前、友人がNYの医師にインタビューを
したところ、ほぼ全員ビタミンD
サプリメントを摂っていたそうです。

 

 

ビタミンDは太陽に当たれば良いと
思っていました・・

d28fc754efeef1ef84d1c499381640cd_s.jpg

若い時はそれだけでも良いかも
しれません

 

35歳を越えたらしっかり
ケアをしましょう

 

食事生活
◉玄米、大豆、緑の野菜(ケールなど)、アーモンド
◉発酵食品
◉スナック菓子を控える
 (リンがカルシウムを排出してしまう)
◉カフェインを控える
 (尿へ排出してしまう)

 

運動(毎日10分程度)
◉真面目に掃除をする
◉常に階段を使う
◉ウォーキング(自転車より歩く)

 

日常生活
◉日光浴 
◉ストレス解消
 (腸でのカルシウムの吸収を妨げる)
◉タバコ、アルコールを控える
◉女性ホルモンケア

 

女性ホルモンのケアが
骨粗鬆症ケアになります

ピンクバラ.jpg

女性ホルモンといえばローズ

 

日常にローズを取り入れると
女性ホルモンのバランスが
整いやすくなります

 

お花そのものでも良いですし
ローズウォーターもおすすめです

 

刺激とローズ

 

ウォルフの法則

ドイツの解剖学者Julius Wolff
正常にせよ、異常にせよ、骨はそれに
加わる力に抵抗するのに最も適した
構造を発達させる事を発見。

 

 

骨は刺激に答えてくれます♪

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ホルモンコントロールに絶対必要な朝ごはん

 


朝ごはん食べてますか?

46c21b5898a3f33c9918ab6666dcb42c_s.jpg

気と血を補うのに
必要とわかっていながら・・

 

実は私は何年も食べて
ませんでした。

 

・痩せたい
・お腹が空かない
・時間が無い
・胃腸を空にする時間が
 朝のほうが楽だから

 

という理由から
朝食べない主義でした。

 

若い時は体も軽く
特に問題なかった
のですが・・

 

年々血圧が低くなり
やる気の無さばかりが
増幅(笑)

 

やる気無いうえに、
イライラ・ドキドキ・
うとうと・カサカサ・
ウッカリ・

 

「ほら!あの人!あの映画に出てた!えーと・・」

 

「あ!わかった!あれね。あれ。えーと・・」

 

記憶力も低下してる!(笑)

 

 

お医者さんに相談しても
「歳をとれば血圧上がるよ!」

 

いつですか?いつ?

 

 

血や気の不足で高いか低いか
血圧も両極端

 

 

朝からパフォーマンスを
上げていきたい!

 

と、いう事でやはり
朝ごはんを食べる事に
しました

6bc561dbb0723c311fba31320daa4544_s.jpg

どうせ食べるなら
効果絶大な食べ方を!

 

で、朝からタンパク質

 

アミノ酸の働きで
体内時計がスムーズ

ホルモンコントロール
全て体内時計管理。

 

・体温
・循環器
・血圧
・新陳代謝
・免疫

 

ぜーんぶ体内時計頼り。

 

 

体内時計が狂えば
ホルモンも狂う。

5a603995a480e245f1d595aa5ebf4d5c_s.jpg

大切な体内時計を
正確に動かし

バランスの良い
ホルモン
の為に

高パフォーマンス
仕事を頑張れるように

朝のタンパク質

 

軽めに♪

女性ホルモン減少のサイン 手の痺れ

 

お客様から、朝、手が痺れる…物をよく落とす…
というお話を最近よく聞きます。

■女性ホルモンが減少すると
血の巡りが悪くなって痺れる。

■女性ホルモン減少で皮膚が
薄くなり敏感になっている

手の痺れは更年期症状の
ひとつです。


ホルモンケアスタートの
サインかもしれません。

まずは血行促進。手を
たくさん動かして脳への
血流を増やしましょう!

手と脳の血流は深く関係が
あります。手を使うと脳の
血流が10%程増えるそうです。

 

ホルモン司令は脳が司ります。

 

ホルモン力を高める為にも
手を意識して動かして今週
スタートいたしましょう

世界中の女性に訪れる更年期や老化

こんばんは

ローズのチカラで美しさのチャージ
ローズオイルヒーリング
天白歌織(てんぱくかおり)です。

古代から薬として「金より貴重」と大切にされてきたローズと東洋美容術を組み合わせたオリジナルトリートメントで、世界中の女性性を高めるお手伝いをしております。

「豊かで自由で美しいを世界中に溢れさせること」を目標に大好きなローズやホルモン、東洋美容情報を発信できればと考えております。よろしくお願いいたします。

 

人生の後半にさらに飛躍をしようと頑張ってい時に訪れる「更年期」「老化」

■たるみやシワシミが気になりだしたり

物忘れがひどくなったり

乾燥を強く感じたり

■体がひどく重かったり

■汗が止まらなかったり

■気持ちが鬱々したり・・

■訳も無く朝から鬱々・・

■イライラを家族にぶつけてしまって自己嫌悪・・

そんな経験はありませんか?

 

毎日少しずつ積み重なる体調不良や自己嫌悪や自責。そこにはホルモンが大きく関わっています。

 

世界中の誰しもに訪れる変化の時。仕方ないのですが、急な変化に対応できず徐々に自信を無くし仕方がないと更に老け込む。。それは少し残念・・

 

自分で自分を大切にし、最適なケアをしてこの時期を上手に乗り切り人生の後半戦を最高に自由・豊か・美しく過ごしていただきたい(私もそうありたい)

 

その為にお役にたてる情報をシェアできたら嬉しいです。