【疲労に栄養ドリンクが無意味?】

 

sport-1043190_640.jpg

 

「今日は仕事がハードで疲れたな」とか

「動き過ぎて体がだるい」とか・・

 

その疲れ、体の疲れでは無いそうです。
じゃ、なんの疲れ?

 

だるさ
肩が凝る
めまいがする
眠気
眼精疲労
頭痛

 

こんなお疲れ症状は体を使ったから
だと思うのですが?

・・・・・・・・・・・・・・・

脳!

 

これらの疲れ症状は自律神経(脳)の
仕業なんです。

(乳酸も疲れ物質ではなかった!)

 

脳の疲れ・・

 

疲れは体ではなく脳でおきる!

 

体を限界まで使うアスリートは
この事をわかっていて訓練する
らしいです。

 

自律神経は体をいつもの状態に
保とうとするのですが、暑かったり
寒かったり、同じ体勢だったりすると
自律神経が快適な状態に戻そう戻そうと
頑張ってしまって疲弊し体をだるくさせたり、
眠気をさそったりします。

 

 

体がだるいから栄養ドリンク飲んで
明日もがんばろ!

 

 

って、この栄養ドリンク50年以上販売され
続けているらしいですが、臨床試験で
疲労回復が実証されているものは無いそうです。

 

 

タウリンは疲労対策に効果があるという
科学的論文は無い!

 

 

カフェインは眠気を抑えるだけ。

 

自律神経ケアにならないものは
疲労回復効果はないと!

 

 

うなぎ

長風呂

甘いもの

・・・・

回復できません。

 

え〜

 

脳疲労を取る唯一の方法は

睡眠!

moon-1274014_640.png

 

※最重要事項※

なんの疲労でも
疲労はオトナ女性を
老けて見せます!!

 

早く寝ることにしますzzz

【カッコいい大人の姿勢とフェイスライン】

 

fb57260f3aecc732e8324f12dcd7723c_s.jpg

やはり姿勢が良いと美しいです

 

キリッとした美を保つ為の
カルシウム。

 

特に必要な栄養は

・コラーゲンとカルシウム
・ビタミンDやビタミンK2

 

 

基本的にタンパク質・
ビタミン・ミネラル
バランスよく摂取することは
必須です。

 

 

日本ではビタミンDサプリメントは
あまり身近ではないかもしれませんが

以前、友人がNYの医師にインタビューを
したところ、ほぼ全員ビタミンD
サプリメントを摂っていたそうです。

 

 

ビタミンDは太陽に当たれば良いと
思っていました・・

d28fc754efeef1ef84d1c499381640cd_s.jpg

若い時はそれだけでも良いかも
しれません

 

35歳を越えたらしっかり
ケアをしましょう

 

食事生活
◉玄米、大豆、緑の野菜(ケールなど)、アーモンド
◉発酵食品
◉スナック菓子を控える
 (リンがカルシウムを排出してしまう)
◉カフェインを控える
 (尿へ排出してしまう)

 

運動(毎日10分程度)
◉真面目に掃除をする
◉常に階段を使う
◉ウォーキング(自転車より歩く)

 

日常生活
◉日光浴 
◉ストレス解消
 (腸でのカルシウムの吸収を妨げる)
◉タバコ、アルコールを控える
◉女性ホルモンケア

 

女性ホルモンのケアが
骨粗鬆症ケアになります

ピンクバラ.jpg

女性ホルモンといえばローズ

 

日常にローズを取り入れると
女性ホルモンのバランスが
整いやすくなります

 

お花そのものでも良いですし
ローズウォーターもおすすめです

 

刺激とローズ

 

ウォルフの法則

ドイツの解剖学者Julius Wolff
正常にせよ、異常にせよ、骨はそれに
加わる力に抵抗するのに最も適した
構造を発達させる事を発見。

 

 

骨は刺激に答えてくれます♪

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

【そのたるみ、骨?筋肉?必要なのは】

 

ガーデン.jpg

 

【たるみ】

 

年齢を重ねるとお顔の筋肉が痩せたり
柔軟性が少なくなる事もたるみ原因の一つ。

 

30代くらいまでは、しなやかに収縮するお顔の筋肉。

 

柔らかく、弾力があり、ハリを保ってくれています。

 

ですが、年齢を経ると骨とともに筋肉も・・

 

 

その筋肉の収縮に深く関わり、
筋肉をつくるように指令を出すもの・・

 

カルシウム

 

いろいろな場面でアンチエイジングに
大貢献

 

たるみ予防にカルシウム貯蔵がとっても重要!

 

そんな大切なカルシウムを
貯蔵してくれているのは骨。

 

059efa3654353b8f79ca1225e53ac7af_s.jpg

 

残念ながら日本の
骨粗鬆症の8割が女性だそうです。

 

もうそれだけでも女性ホルモンが
大きく関わる事がわかります。

 

 

骨芽細胞には女性ホルモンの
受容体があり、骨代謝のバランスを
保つ働きがあります。

 

 

閉経後の女性は骨粗鬆症の確率が
グンと上がるのはエストロゲンが低下し
骨代謝のバランスが
崩れるから
なんですね。

 

 

ヨーロッパでは閉経後の
骨粗鬆症患者にエストロゲン投与を
行い効果が上がっていることは
確認されているのですが、
日本では乳がんのリスクを
考慮し行われていないそうです。

 

仕方無い・・

 

では済まされない!

 

普段の生活でできるだけ
予防していきましょう

 

それがお顔のたるみを防ぎます♪
神経の伝達をスムーズにします♪
筋肉を柔軟に保ちます

 

しつこくカルシウム話は続きます♡

【そのたるみ、骨?筋肉?必要なのは】

 

ガーデン.jpg

 

【たるみ】

 

年齢を重ねるとお顔の筋肉が痩せたり
柔軟性が少なくなる事もたるみ原因の一つ。

 

30代くらいまでは、しなやかに収縮するお顔の筋肉。
柔らかく、弾力があり、ハリを保ってくれています。

 

ですが、年齢を経ると骨とともに筋肉も・・

 

 

その筋肉の収縮に深く関わり、
筋肉をつくるように指令を出すもの・・

 

カルシウム

 

いろいろな場面でアンチエイジングに
大貢献

 

たるみ予防にカルシウム貯蔵がとっても重要!

 

そんな大切なカルシウムを
貯蔵してくれているのは骨。

 

059efa3654353b8f79ca1225e53ac7af_s.jpg

 

残念ながら日本の骨粗鬆症の8割が女性だそうです。

 

もうそれだけでも女性ホルモンが
大きく関わる事がわかります。

 

 

骨芽細胞にはエストロゲン(女性ホルモン)の
受容体があり、骨代謝のバランスを保つ働きがあります。

 

 

閉経後の女性は骨粗鬆症の確率がグンと上がるのは
エストロゲンが低下し骨代謝のバランスが
崩れるから
なんですね。

 

 

ヨーロッパでは閉経後の骨粗鬆症患者にエストロゲン投与を
行い効果が上がっていることは確認されているのですが、
日本では乳がんのリスクを考慮し行われていないそうです。

 

仕方無い・・

 

では済まされない!

 

では、普段の生活でできるだけ予防していきましょう

 

それがお顔のたるみを防ぎます♪
神経の伝達をスムーズにします♪
筋肉を柔軟に保ちます

 

しつこくカルシウム話は続きます♡

【お顔から骨老化スタート】

 

8ba649c937162d7419812141f4578c67_s.jpg

たるみの大きい原因
頭蓋骨の骨密度の低下

 

年齢とともに減少する骨密度。
全身のどこから減少するかご存知ですか?

 

なんと!下アゴだそうです!

次は上アゴ・・

 

それからだそうです。

 

 

まず口周りにきます。

 

・ほうれい線

・マリオネットライン

・アゴのたるみ

 

が出てきてしまいます。

 

もう老けて見える事は
間違いありません!

 

阻止したいですね

 

お顔の骨密度低下は
防げるのでしょうか?

 

・・・・・・・・・・

骨は臓器です。

 

常に代謝を繰り返し生まれ変わっています。
骨の代謝は破壊と修復のサイクル。

 

 

古くなった骨を破壊する
▶破骨細胞

破壊された部分を修復する
▶骨芽細胞

 

半年~3年ほどかけて生まれ変わります。

 

壊して、新たにつくる。このバランスがとても大切で
ホルモンで連絡を取り合いながら質を保っています

 

[質の良い骨とは]

◉しなやか

◉強度

◉密度

 

f0180ca854e3cb2b96547bead2de15c9_s.jpg

 

ところで、宇宙に行くと骨がもろくなると
聞いた事ありますか?

 

無重力状態で骨に負荷がかからない状態が
続くと骨はもろくなるのです。

 

 

そうなんです。

 

骨を丈夫にするには「負荷刺激」が必要
外的刺激で代謝するのです。

 

体に与えてもお顔の骨代謝の助けになります!

◉ウォーキング

◉ランニング

ジャンプをする

かかとや脚から全身に刺激を与える事で
全身の骨代謝が活発になります。

 

ガムを噛むのも良いようです

 

引き締まった大人女性でいる為に
骨ケアは必須ですね!

 

・・・・・・・

ローズオイル ヒーリングでは
骨に刺激を与えて代謝を促し
骨から美人になる

ローズ骨気も人気です♡

 

a1dc5170ab0d80cc1127587fa034ad6d_s.jpg

骨にしっかり刺激を与える事でお顔の骨老化をストップ!

小顔になるだけでは無く、3年後の美貌の土台を
つくるのは今からです♪

 

3月の体験会募集は締め切りました。
4月は21日すぎに募集開始いたします。

 

頭蓋骨の老化とたるみ

 

大人女性2.jpg

美しい大人のお悩み・・

 

たるみ

 

40歳を越えてたるみを気にしていない方は
いらっしゃらないのでは無いでしょうか?

 

◉クッキリほうれい線
◉意味のわからないゴルゴ線
◉貫禄の目元のたるみ
◉なんだろう君ライン

 

noname.png

 

たるむとお顔に妙な影や線ができ始めます。
それがもの凄く老けてみせるのですよね。
女優さんがTVで強い光を正面から当てるのは、
それらをとばして美しく見せる技。

 

 

 

 

ここがもう少し引き上がっていたら・・
目元もたるみで視界が狭い・・
スナイパーみたいな線が・・ww

mig.jpeg

 

原因は?

以前はお肌の弾力繊維の減少など
肌の老化が原因といわれておりましたが
2011年に頭蓋骨の老化が大きく関わっている
発表されました。

 

 

 

頭蓋骨の老化=頭蓋骨が痩せる

 

 

骨粗鬆症です。

 

 

80代になると約半数がなるとも言われる骨粗鬆症。
男女比では3倍も女性が多いのだそうです。

 

静かに進行する病気で始まりは腰痛や背中痛。
骨折しやすくなりますし、腰が曲がってきたり、
身長が縮んだり・・

 

 

そして頭蓋骨まで脆く痩せてきます

 

 

頭蓋骨が痩せてしまうと

◉頭皮がたるむ

◉フェイスラインがぼやける

◉口元にシワ

◉ほうれい線

◉目元の老化

 

土台(中身)が小さくなるのですから、
表面の皮は余ってしまってたるむのはわかりますよね。

 

 

実は私、30代の前半ですでに骨年齢60との
診断を受けたんです!

80ab2b5ad62a0ef0e6d74761846f2459_s.jpg

ホント、目も当てられません・・

 

ですのでもの凄く「」を意識していました。

 

肥満児だったので思春期にダイエットを
し続けていた事が関係しているかもしれませんね

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんなダイエットをしていなかった方でも
加齢でエストロゲンの減少と骨は密接に
関わってきます。

 

 

長くなってしまいましたので
美容的、骨粗鬆症対策は次回へ♡

汗の臭い、口の臭い、頭の臭い気になりませんか?

【臭い、気になりませんか?】

いつも深夜の口臭予防歯磨き粉のCMに釘付けです(笑)

気になるんです。臭い。いろいろな…

■ローズヒーリングを受けていない時
■トレーニングをして汗をかいた時
■近くで人とお話しする時
■ヨガの後

汗の臭い、口の臭い、頭の臭い…

40代になって臭いが変わった
というお悩みも聞きます。

私も気になるので、ついに

 


ローズウォーター飲み始めました〜

 

ローズウォーターは朝摘みの花と地下水だけで作った天然100%の薔薇の水。ですので飲んでも問題は無いといわれています。

 

臭いは自分でも気づけなかったり…
気づかないとハラスメント扱いされたり…

 

「ローズオイルを飲むと体臭がローズになる」と言われますが、オイルを飲むと内臓に負担がかかるのでおすすめはしておりません。

体臭対策には他にも

■腸内環境を整える
■汗をかく

などなどありますがそれはまた今度。

ローズアロマ効果でホルモンバランスは整うので皮脂抑制作用が働き、加齢臭は改善されると期待しております。

 

私はお水だけ飲むより飲みやすいです

臭い以外にもメンタルが整うという良いことがついてきます!

 

女性ホルモン減少のサイン 手の痺れ

 

お客様から、朝、手が痺れる…物をよく落とす…
というお話を最近よく聞きます。

■女性ホルモンが減少すると
血の巡りが悪くなって痺れる。

■女性ホルモン減少で皮膚が
薄くなり敏感になっている

手の痺れは更年期症状の
ひとつです。


ホルモンケアスタートの
サインかもしれません。

まずは血行促進。手を
たくさん動かして脳への
血流を増やしましょう!

手と脳の血流は深く関係が
あります。手を使うと脳の
血流が10%程増えるそうです。

 

ホルモン司令は脳が司ります。

 

ホルモン力を高める為にも
手を意識して動かして今週
スタートいたしましょう

メンタルケアは女性性を高めることから

最近、朝から気持ちが暗い・・

イライラが止められず家族に暴言を・・

やる気が出ない・・

普通の体や顔のお手入れだけでは補えないメンタル面。

 

45歳になって良かったなぁ。59歳サイコー!70歳からが本当の人生・・という人生を送りたいです。
朝から鬱々したりイライラしたりをなるべく減らしたい。

 

たくさんの経験を経て大人になったのですから、若い時より『豊かで自由で美しく』いたい!いてもらいたい!そのためには抗うより受け入れる。「受容」かなと。

 

その「受容」するチカラは女性性の得意とするところ・・

女性性とは女性らしさとは違う人間のエネルギーのこと。男性にも女性性があり、女性にも男性性があります。人間には両方のエネルギーが存在しています。

男性性=上昇・放出・拡大

女性性=共感・受容・吸収

女性性を高めるために必要だな~と思うのは

「自分で自分を大切にする」

自分を認めて、受け入れる。イライラしてしまってもいいじゃん!と受け入れてあげる。もし、それが難しいなら自然のチカラを借りる。好きな花の香りを嗅ぐ、海に潜る、陽を浴びて散歩する。なども良いかもしれません。

花の香りの中でもローズの香りを嗅ぐと信頼する能力を高める「オキシトシン」という神経伝達物質がでます。

すると、自分自身を信頼し愛おしくなり周りの人も愛おしく思え受けいれる心の余裕も出てくるかもしれません。

心(メンタル)はホルモンや神経伝達物質にうまく動いてもらうと少し楽にコントロールできます。

世界中の女性に訪れる更年期や老化

こんばんは

ローズのチカラで美しさのチャージ
ローズオイルヒーリング
天白歌織(てんぱくかおり)です。

古代から薬として「金より貴重」と大切にされてきたローズと東洋美容術を組み合わせたオリジナルトリートメントで、世界中の女性性を高めるお手伝いをしております。

「豊かで自由で美しいを世界中に溢れさせること」を目標に大好きなローズやホルモン、東洋美容情報を発信できればと考えております。よろしくお願いいたします。

 

人生の後半にさらに飛躍をしようと頑張ってい時に訪れる「更年期」「老化」

■たるみやシワシミが気になりだしたり

物忘れがひどくなったり

乾燥を強く感じたり

■体がひどく重かったり

■汗が止まらなかったり

■気持ちが鬱々したり・・

■訳も無く朝から鬱々・・

■イライラを家族にぶつけてしまって自己嫌悪・・

そんな経験はありませんか?

 

毎日少しずつ積み重なる体調不良や自己嫌悪や自責。そこにはホルモンが大きく関わっています。

 

世界中の誰しもに訪れる変化の時。仕方ないのですが、急な変化に対応できず徐々に自信を無くし仕方がないと更に老け込む。。それは少し残念・・

 

自分で自分を大切にし、最適なケアをしてこの時期を上手に乗り切り人生の後半戦を最高に自由・豊か・美しく過ごしていただきたい(私もそうありたい)

 

その為にお役にたてる情報をシェアできたら嬉しいです。