【世界三大伝統医学。アーユルヴェーダ・中医学と?】

【世界三大伝統医学】

 

◼インドのアーユルヴェーダ
◼古代中国伝統医学

 

ともう一つ。

 

◼ユナニ医学

ユーナニーかな?

 

古代ギリシャ医学を起源とし
アラビア文化圏・イスラム勢力圏で
発展した伝統医学

 

 

ギリシャ・アラビア医学・
アラブ医学・イスラム医学
とも呼ばれるようです。

508cce8e2dafa98d9f074a1ddf0ed050_s.jpg

10世紀に確立。ヨーロッパやインドで広く行われ、
イブン・シーナー(哲学者・医者・科学者)の
医学典範の教科書的な役割もになっていたとのこと。

 

アーユルヴェーダとは
かなり近い関係にあるよう
です

 

理論としては体液病理説

 

四体液説

4種類の基本体液の
バランスが崩れることで
病気になるという理論。

 

ヒポクラテス全集にも

もっとも健康な状態は四体液の力や
量がバランスを保った状態で
お互いに混和した状態である

 

と説明されている

 

 

四体液とは?

●血液(多血質)

●粘液(リンパ質)

●黄胆汁(胆汁質)

●黒胆汁(黒胆質)

 

これらのバランスが崩れると
病気になります。

 

バランスを崩す原因は

・体質
・生活環境
・生活様式
・食事など

 

いずれの伝統医学も同じ
ですが・・

 

面白いのが
四体液説は体質や体型、性格、
占星術にまで広く適用されていたそうです
〈四体質〉

34427633430b741b0c0f444130c0ad09_s.jpg

 

次回は四体質と占星術

好色なのはどの体液?


投稿者:

天白歌織

美を彫り出すフェイシャリスト 天白歌織です。 私は美容技術を教える仕事をしていました。 たくさんの知識と技術を身につけ アンチエイジング対策も万全のつもりでした。 でも・・ 40代になるとその自信も崩れ去る更年期を 体験しました。 何もかも諦めかけた時に2つの真実に 気づいたのです。 大人の美はホルモンケア無しでは成立しないという事と 骨から彫り出せば、その人オリジナルの美しさが 浮き上がってくるという事です。 皮膚の下にある美のチカラを彫り出します。 あなたの美を彫り出すフェイシャリスト 天白歌織です。 ローズヒーリングメール・メルマガ登録はこちら https://rose-oil-healing.com/?p=45&au

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です