女性ホルモン減少のサイン 手の痺れ

 

お客様から、朝、手が痺れる…物をよく落とす…
というお話を最近よく聞きます。

■女性ホルモンが減少すると
血の巡りが悪くなって痺れる。

■女性ホルモン減少で皮膚が
薄くなり敏感になっている

手の痺れは更年期症状の
ひとつです。


ホルモンケアスタートの
サインかもしれません。

まずは血行促進。手を
たくさん動かして脳への
血流を増やしましょう!

手と脳の血流は深く関係が
あります。手を使うと脳の
血流が10%程増えるそうです。

 

ホルモン司令は脳が司ります。

 

ホルモン力を高める為にも
手を意識して動かして今週
スタートいたしましょう