【肝と老眼】

 

40歳をこえてくると増えるお悩み

 

◉老眼

◉白髪・薄毛

◉更年期症状

4b5bc762235169aa74a0ed208e5121ec_s.jpg

◉肝の様子は『』に現れます。
 老眼

スマホが見づらい・・
本が読みづらくなった・・
目が疲れる・・

 

◉血の関連から『白髪

 

冬の陰と夏の陽がグググっと
入れ替わる時期ですので
メンタルがブレて『更年期症状

・・・・・・・・

 

肝が弱り、血が不足すると月経の様子が
変わります。

・月経の量が減少
・血の色が薄い
・さらさら
・月経の間隔が長い

 

こんな事がありましたら
特に『肝』の養生

 

 

〜肝の養生食〜

なんといっても酸味がおすすめ!
肝を整えてくれます。

・柑橘フルーツ
・梅干し
・酢

8838ed5fffd30c554dc15f42983e3dfc_s.jpg

 

他には・・

にら・長ネギ・生姜・たけのこ・
たらの芽・アスパラ・春菊・はと麦・
鶏肉・梅・プルーン・クコの実・はちみつ・
豆腐

 

春は「木」。なんどもお伝えしますが
・ストレスを溜めない
・のびのびする
・香りを楽しみ気を巡らす

 

・・・・・・・・・

 

ローズオイルヒーリング
体験会も絶賛募集中 残り5名様

https://rose-oil-healing.com/?p=42

34c34736ae13d67df79efcd1ca604249_s.jpg

【肝気を巡らせアンチエイジング】

 

50af6a103cbb5fa71ec32342b1861b30_s.jpg

花開く季節

 

もっと美しく
もっと楽しく
キラキラの大人で
いる為に

 

・サプリメント
・化粧品
・栄養
・薬
肝気を巡らす

 

たくさんありますが、アンチエイジング的に
何をしたら最高の効果を得られるのでしょうか?

db415b6dca9658db749c8b3a5a619853_s.jpg

今は断然『デトックス

 

人間も自然の一部。自然の流れに沿った
行動が無理なく結果を出してくれます。

 

 

実は春は排毒にぴったりの季節。
デトックス系トリートメントにぴったり

 

この季節、体の中に溜まっていたものを
排出する働きが強くなります。

 

冬の間に溜め込んできたものを
どーっと出したくなるのでしょう

 

自らが「出したい!」パワーがある時期に
排毒トリートメントを行う事で相乗効果が生まれ

体内毒素を排出する事で「肝気」も軽やかに巡り
パワーみなぎるアンチエイジングにつながります

 

3433d5308342dea12643a19c2213aa7b_s.jpg

 

ローズオイルヒーリングも3月の体験会
募集スタートします!

・・・・・・

 

【先行ご案内】

子宮・五臓カッサデトックス
お顔・頭デトックスを
貴重なローズで贅沢に

ローズオイル ヒーリング体験会

3月は5名限定♪

https://rose-oil-healing.com/?p=42

【美しく1年を過ごす為に大切な春】

春の養生

『気』を味方につけて
 軽やかに美しく♪

e640f84ffbfa24d8af221708317ed2d9_s.jpg

 

春は春生=陽気が生まれる

 

それをうまく巡らせるのは

 

春は『肝』の季節です

 

〜肝の働き〜

◉脾と胃の働きを助ける

◉感情の変化を引き起こす

◉気の流れを調整

◉排卵や射精に関わる

◉血を貯蔵

◉魂を蔵する

 

肝の陽気が不足し
うまく巡らせられないと
気分が沈みがちになり
鬱っぽくなります。

・・・・・・・・・・・

 

せっかくの春
明るく、楽しく、美しくある為に

『肝気』

を巡らせなくてはなりません。
そこで、春は華やかなお茶♪

621d9a7f13d16a07be90f445f10039cc_s.jpg

・ローズティ

・ジャスミンティ

・菊花&クコ茶

 

肝気を巡らせる他にも
補血・ホルモン活性
PMS緩和・美肌・眼精疲労
アンチエイジングなど

 

女性に嬉しい
お茶がこの季節にぴったり

 

肝気を巡らせアンチエイジング♪

 

 

【今のやる気は絶対抑えない!】

 

556005c6f0e84448be737fb80d8235c7_s.jpg

 

【春の養生】

 

四季のある日本

四季とは四気に通じ、それぞれ特有の
『気』の動きがあります。

 

現在は・・

 

春三月

立春~立夏まで(2月、3月、4月)

 

生まれる・始まるという気です。

 

・・・・・・

 

〜春は発陳〜

春陽上昇とともに潜気発散し、
天地の間に万物みな息を吹き返す

 

 

 

発陳とは

陳とは「古い」というような意味だそうで、
冬の間に出るに出られなかった思い・考え・想像
そんな思いが春陽とともに出てくる季節。

 

 

・・春の過ごし方・・

◉朝は早めに起き、朝日を浴びて歩幅大きく歩く

◉髪を解き、帯ひもを解き体を緩める

◉出てきた意欲をのびのびと成長させ、
 抑えつけてはいけない

◉全てを生かす、殺してはならない。
 与える、奪ってはならない。
 褒める、罰してはならない。

 

8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_s.jpg

 

もしこの自然界の法則に逆らって生きれば
『肝気』を傷つける

 

すると

 

夏に寒性の病になるといわれます。

 

夏の盛んな『成長の気』を受けられ
なくなってしまいます。

 

がっちり受け取りたい!方は
しっかり養生。

 

養生法はまた次回♪

【魅力の源】

 

34c34736ae13d67df79efcd1ca604249_s.jpg

人の一生は腎気の盛衰によるものであり、
女性は7の倍数、男性は8の倍数で変化する・・

 

中医学ではこのようにいわれており
腎と老化は本当に密接に関わっております。

 

元気・精力・美しさの源。魅力はここから

 

アンチエイジングには腎ケア。
腎に毒が溜まっていませんか?

 

〈腎毒チェック〉

・顔色がどす黒い

・あごにニキビが出る

・目の下と両足がむくむ

・手足がいつも冷えている

・不妊

・閉経

・膝痛や腰痛

・坐骨神経痛

・性機能異常

・骨粗鬆症

 

5つ異常ある人は注意!

 

排毒方法
☆腎には冷えが大敵

寒がる女性.jpg

◉根菜類を食べる

◉塩味のものを食べる

・海藻・昆布・海苔・味噌・塩

◉黒いものを食べる

・黒木耳・黒豆・黒ごま・ひじき

◉プーアール茶、黒豆茶を飲む

◉羊肉を食べる

◼毎晩の足湯。

◼早寝

以前に載せた血を増やす事も大切です

d0a86c3e779bc1b7cc5a1fe98cda403a_s.jpg

【これって更年期症状?】

 

397318719b0ce524044255ed631eb942_s.jpg

 

お顔のたるみは頭皮から。

 

頭皮ケアを入れると施術結果が
全く変わってきます。

 

頭皮の状態はかなり個人差があります。

 

むくみの強い人
突っ張っている人
すぐ骨?!な人

 

原因は様々。メンタルの
影響がでやすいのも頭皮。

 

いずれにしても、頭皮の
弾力不足・血行不良の状態。

それが
お顔にも大きく影響します

 

筋肉・筋膜の緊張から
・お顔のたるみ
・おでこのシワ
・ほうれい線

血行不良から
・脳の酸欠
・毛髪の衰え
・肌の老化

 

頭部には全身・五臓の反射区も
たくさんあります。

・前頭部=五臓六腑
・側頭部=頭、上肢、下肢
・後頭部=脊柱、目、小脳

 

頭部の経絡ケアは全身のケアに
繋がります。

 

そこで!
ローズオイルヒーリングの

 

ヘッドカッサ】

カッサとは中国伝統医術の一つ。
反射区や経絡、十二皮部などを
こする事で』と『
巡らせ改善します

 

施術で使うカッサヘラは
漢方生薬の一つでもある

水牛の角

IMG_4006.JPG

〜効果〜
・気血の流れをよくする
・炎症を抑える
・解熱解毒作用

[お客様の声]
◉身体までぽかぽか
◉目がスッキリ
◉よく眠れる

 

そしてほぼみなさま
むくみが取れ、頭が
小さくなります。

IMG_1142.JPG

神経疲れ
ストレス過多
眼精疲労
浮腫み

お顔ケアを長持ちさせたい方にも
おすすめです♪

 

【これって更年期症状?】

【これって更年期症状?】

 

先日

「朝、手がしびれているんだけど、
こんなのも更年期症状かな?」

 

と、相談を受けました。
手の痺れは多くの方が訴える症状の一つ。

 

feaa51f1315e37212c6c281248cc0c92_s.jpg

日本人35歳~55歳の調査では
52%
の人が何かしらの更年期
症状があるとのこと。

 

後のちでは65%の方が
体調の変化があったとの
お答え。

 

世界中の女性に訪れる
第二次ホルモン変調期

 

更年期症状の種類は
何百種類もあると
いわれています。

 

私は昨年くらいから
いろいろな症状が
出てまいりました!

 

不安・動悸・ホットフラッシュ
体重増加←?

 

他には?

・・・・・・・・

大きく分けて3つ

自律神経失調症状
精神的症状
その他

 

自律神経失調症状

のぼせ・発汗・冷え・動悸
疲労感・肩こり・めまい

精神的症状

不安感・意欲低下・情緒不安定
イライラ・涙もろくなる

その他

腰痛・手のこわばり・むくみ
しびれ・乾燥・湿疹・頻尿
性交障害・粘膜乾燥

fbe1ae3712f5acd3aab77ef8a8cccb12_s.jpg

 

ほんの一部です
もう何でも更年期です

 

なぜ、そんなに多いでしょうか?

 

◉若い時から出ていた不調が重なって、
 もしくは重くなって出てくる

◉受けるストレスや環境で違いがでる

◉三種の要因に個人差がある

 

三種の要因とは

・身体的要因(卵巣の変化)

・環境的要因(人間関係や家庭環境

・心理的要因(性格や気質

 

 

以上は西洋医学での一般的な
更年期の知識でした。

 

 

中医学では更年期症状は
「腎」
をみます。

 

 

次回にまた

【更年期症状?更年期障害?】

 

fullsizeoutput_1021.jpeg

【更年期症状?更年期障害?更年期?】

 

〈更年期〉
閉経前後5。合わせて10年。

今の閉経の平均は50歳なのでだいたい
45歳から55歳。この期間が更年期と呼ばれます

 

〈更年期症状〉
病気・疾患以外の症状が更年期にでると更年期症状

 

〈更年期障害〉
更年期症状が強くでてしまい
日常生活に支障がでたら更年期障害。

 

 

更年期症状がなぜでるか?

 

 

女性ホルモンを出す主な臓器
・卵巣

更年期に大きく関わる脳
・視床下部(ホルモンの司令塔)
・脳下垂体(ホルモン量など調整)

女性ホルモン
・エストロゲン
・プロゲステロン

 

 

 

視床下部「エストロゲン出してって伝えて

脳下垂体「はーい。」

「卵巣さん、エストロゲン出してー」

卵巣「はーい。って、あら?出せない!」

視床下部「ちょっと!早く!頑張って!!」

脳下垂体「はい!ちょっと!卵巣さん!!!」

卵巣「だって~。無理~」

視床下部「ちょちょちょ!どうしようどうしよう!
あわあわあわあわあわ・・あっっ間違えて
体温上げちゃった!!えっっめまい?」

 

と視床下部がパニックを起こします。

 

内分泌と自律神経を司る
視床下部がパニックになるので
更年期症状が出るのです。

 

この卵巣の老化に脳が慣れてくれれば
おさまります。

 

でもその症状・・
卵巣の老化ではないかも・・

【四体液説で性格がわかる?】

【四体質と星占い】

8f98426181aa338199a21bd5ca150849_s.jpg

ユナニ伝統医学は

四体液説
血液・黄胆汁・黒胆汁・粘液

四要素説
空気・火・土・水

四元素説
熱・湿・乾・冷


これらが加わり性質を
分けるようです。

 

それぞれ2つずつ
元素を有する。

 

中医学の五行や10体質と
同じようですね

b6b85a3281f5512d95f18c07ec0f6e52_s.jpg

・・・四体液質別診断・・・

 

多血質=空気(熱と湿)

おひつじ座・おうし座・ふたご座

社交的・楽天的・好色・新しいもの好き・
自分を見失うしなわないように・友人が多い

 

胆汁質=火(乾と熱)

かに座・しし座・おとめ座

熱血・野心家・短気・気難しい・ダイナミック・
エネルギッシュ・人を惹きつける

 

黒胆質=土(乾と冷)

てんびん座・さそり座・いて座

思索的・孤独癖・神経質・利己的・現実的・
しっかり者・堅実・不器用・鬱傾向・信頼される

 

リンパ質=水(湿と冷)

やぎ座・みずがめ座・うお座

おだやか・公平・無気力・臆病・ひかえめ・
人の気持ちがわかる・直感的・夢見がち

 

・・・・・・・・

 

星がよめれば、人を病気にすること
くらいは簡単にできそうです

 

・・・・・・・・・・

 

精油にも性質があるので
古代の人はそれを利用して
いたかもしれませんね

 

 

 

 

 

【世界三大伝統医学。アーユルヴェーダ・中医学と?】

【世界三大伝統医学】

 

◼インドのアーユルヴェーダ
◼古代中国伝統医学

 

ともう一つ。

 

◼ユナニ医学

ユーナニーかな?

 

古代ギリシャ医学を起源とし
アラビア文化圏・イスラム勢力圏で
発展した伝統医学

 

 

ギリシャ・アラビア医学・
アラブ医学・イスラム医学
とも呼ばれるようです。

508cce8e2dafa98d9f074a1ddf0ed050_s.jpg

10世紀に確立。ヨーロッパやインドで広く行われ、
イブン・シーナー(哲学者・医者・科学者)の
医学典範の教科書的な役割もになっていたとのこと。

 

アーユルヴェーダとは
かなり近い関係にあるよう
です

 

理論としては体液病理説

 

四体液説

4種類の基本体液の
バランスが崩れることで
病気になるという理論。

 

ヒポクラテス全集にも

もっとも健康な状態は四体液の力や
量がバランスを保った状態で
お互いに混和した状態である

 

と説明されている

 

 

四体液とは?

●血液(多血質)

●粘液(リンパ質)

●黄胆汁(胆汁質)

●黒胆汁(黒胆質)

 

これらのバランスが崩れると
病気になります。

 

バランスを崩す原因は

・体質
・生活環境
・生活様式
・食事など

 

いずれの伝統医学も同じ
ですが・・

 

面白いのが
四体液説は体質や体型、性格、
占星術にまで広く適用されていたそうです
〈四体質〉

34427633430b741b0c0f444130c0ad09_s.jpg

 

次回は四体質と占星術

好色なのはどの体液?